愛車、中古車を高く売りたい方におすすめの車買取査定サービスを紹介!オークション以外で車を高く売る方法やコツ、高く売れる時期や交渉術など車買取の情報が満載!

よくある質問

車の買取査定を受ける際にへこみは修理したほうが良いですか?

更新日:

車のボディに傷やへこみがあると査定額が下がる

車の買取査定ではドア、ウインドウ、ボンネット、天井、ガラス、ランプなどなど様々な箇所をチェックしています。
ボディに傷やへこみが見られた時は査定額が下がるのが基本です。

しかし、傷やへこみは修理したほうが査定額が上がりやすいですが、上がった分より修理代のほうが高くつくことが多いです。

修理に出して戻ってくるまでの時間が無駄になってしまいますので、修理せずにそのまま査定を受けられたほうが良いです。

小さな傷でもそのままで

小さな傷ならカー用品店でタッチペンを購入してきて簡単に自分で修復することが可能です。
しかし失敗すると色むらができるなどでかえって目立ってしまい、査定額が下がることがあるので注意が必要です。
慣れていない場合は自分で修復せずにそのまま査定を受けたほうが良いです。
慣れているのできれいに修復できると言った方でもプロの査定士が見れば修復したことはすぐに分かることが多いです。
すぐ売らないので小さな傷だけ修復しておきたいと言った場合はボディカラーと同じタッチペンを購入してきてください。

へこみがあってもそのままで

車のバンパーのへこみをドライヤーの熱で直すと言った方法がインターネットで公開されていますが、失敗すると査定額が下がりかねないです。

へこみがあってもそのまま査定を受けたほうが良いです。
なぜ上がる査定額分より修理代のほうが高くなるのかその理由は車の買取査定では自社整備工場を持っている場合があるからです。
安く修理できるために自分で修理に出さなくても高額買取が期待できます。

ちなみにドライアーで凹みを修理する裏ワザがこちら

車両保険で直すと保険料が割高に

車両保険に加入している場合は自損事故でも補償が受けられる場合があります。
傷やへこみと言った場合でも補償が受けられますが、保険で修理すると等級がダウンして保険料が割高になってしまいます。
自損事故を補償していない車両保険もありますので事前に確認しておいて下さい。

買取できない車は廃車買取業者へ

自力走行ができないくらい壊れてしまった事故車は車の買取査定では買取できないと言われることがあります。
そんな時は廃車買取業者から査定を受けると現金になることがあります。

-よくある質問

Copyright© 中古車を高く売る買取査定.com , 2019 All Rights Reserved.