愛車、中古車を高く売りたい方におすすめの車買取査定サービスを紹介!オークション以外で車を高く売る方法やコツ、高く売れる時期や交渉術など車買取の情報が満載!

車を高く売る方法

自動車の「下取り」と「買取」の違いとは?どっちが高く売れるのかメリットとデメリットまとめ

投稿日:

下取りと買取の違い

車は、なるべく高く売りたいですよね。

車の売却を考えたときに、「下取り」と「買取」の二つの選択肢があります。

下取りにもメリットとデメリットがあり、買取にもメリットとデメリットが考えられるため、よく考えてから選ぶようにしましょう。

今回は、下取りと買取の違いについて、詳しく解説したいと思います。

車の「買取」とは

車の買取

買取とは、所有している車を買取専門の業者などに買い取って貰うことをいいます。

自動車「買取」のメリット

買取の一番のメリットは、高額買取にあります。

車種や年数、距離によっても買い取り額は違いますが、下取りよりも高く買い取って貰える傾向があります。

買取専門店ならば、専門知識も豊富ですし、買取に特化した業務を行っています。

車種や年式によって、正当な評価を行ってくれるため、安心して査定に出すことができます。

ただし、買取専門店の場合、業者によって買い取り額が大きく違います。

複数の業者で比較行なえば、より高く買い取って貰うことが可能です。

特に人気車種は、高値で買い取って貰えることも多いです。

自動車一括査定サイトを利用すれば、一度の情報を入力するだけで、手軽に比べることも可能です。

無料の出張査定を行っている業者も多数あり、手間をかけることなく業者を比べることができます。

複数の業者に査定を頼むことで、競争意識が生まれるため買い取り額も交渉なしであげてもらえます。

さらに!

買取ならば、価格が付かないような車でも、買い取って貰えるというのもメリットになります。

買取価格は下がる傾向にありますが、年式が古いものや走行距離が非常に長い車でも、業者によっては買取は可能です。

また、業者によっては、事故車や不動車でも受け付けてもらえることもあります。

事故車買取専門サイト「事故車買取のタウ」などもあります。

到底売れないような車でも、一度業者に見てもらうようにしましょう。

また、純正品以外のパーツを使用していたとしても、買取ならば問題ありません。ものによってはプラス査定につながることも多く、高く売ることができます。

良いナビやホイールを足している場合は、その分高値で買い取って貰えます。

自動車「買取」のデメリット

非常にメリットが多いように思える買取ですが、自動車の買取にはデメリットもいくつか考えられます。

まず、高く買い取って貰うためには、複数の業者の比較が重要です。

怠ってしまうと安い値で買いたたかれることもある為、注意が必要です。

買取の場合は業者を比較する場合や手続きの時など、買取を利用するときには相応の手間がかかります。

慎重に行えば行うほど長く時間がかかる傾向があり、こういった時間と手間を取れない方には、買取はあまり向いていません。

複数の業者から見積もりを取るとなると、時間と手間が非常にかかります。

買取相場も調べなければなりませんし、複数の業者から見積もりを取る必要があります。

交渉も行わなければなりませんし、時にはトラブルに発展することともあります。

一斉査定ならば手間は減らせますが、それでも複数社からの見積もりは必要です。

一斉査定を利用した場合、複数の業者から一斉に連絡がきます。対応も面倒ですし、時には強引な営業を受けることもあります。

自動車一括査定サイトに登録したら営業の電話がしつこい?防ぐ方法とキャンセル依頼

車を売るときに、少しでも高く売りたいという方が利用するのが車の一括査定サイト。 一括査定のメリットは、自分が売りたい車の情報を入力するだけで同時に複数社に査定依頼できること。 買取対象エリアが全国のサ ...

続きを見る

沢山の業者に見積もりをを頼めば頼むほど、この手間は植えていきます。

また、買取の場合は、手続きの手間も増えてしまいます。売却と購入を同時に行える下取りと違って、それぞれ別々に行わなければなりません。

買取を行う場合、売却が決まった場合は、すぐに引き渡さなけらばなりませんので、買取の場合、売却と購入を同時に行うのは困難です。

また、査定が終わった後、一定期間が経ってしまうと、その査定額は無効になりますので、なるべく早めの売却が求められるため、車を所有できない期間ができてしまいます。

中には代車を貸してくれる業者もありますが、全ての業者が代車を貸してくれるわけではありません。

そうなると、仕事や日常生活で不便を感じることになりますし、場合によってはレンタカーやタクシーの利用も考えなればなりません。

買取をお考えの方は、車がない期間をどのように乗り切るか、考えておきましょう。

自動車の「下取り」について

自動車の下取り

下取りとは、新しい車を購入する業者にそのまま車を引き取ってもらう方法です。

下取りのメリット

古い車の下取り先と新しい車の購入先が一緒なので手間をかけずに車を乗り換えできると言うのが一番のメリットです。

下取りの場合、買取と購入を同時に行えるため、相手にする業者も一つで済むので、買取よりも手続きが少なくて済みます。

詳しい説明してくれますし、難しい手続きの大半を、担当者がおこなってくれます。

また、対応が丁寧なのも、下取りの良いところです。

購入することが決まっているため、誠実に対応してくれます。

トラブルや嫌な思いをすることがないので、安心して利用することが可能です。

何度も同じ業者で下取りを行なえば、信頼関係も築きやすいです。

また、下取りの場合は、下取り価格がある程度決まっています。買取と違って市場の需要は関係ないため、不人気車でも一定の金額で下取りが可能です。

査定に買取と違った独自の基準を設けており、買取が不可能な車でも下取りして貰えることもあります。

購入する車によっていては、車両値引きをしてもらえることも考えられます。

また、下取り後の減額や返却の可能性も非常に少ないため、安心して下取りに出すことができますし、新しい車への乗り換えも非常にスムーズです。

新車を納車するギリギリまで乗っていられますし、新車がきたらそのまま引き渡せます。

代車を借りる必要もありませんし、車がない期間がない為、日常生活にも不便がありません。

車が生活に必要な方には、下取りは非常に便利と言るでしょう。

下取りのデメリット

下取りの一番のデメリットは、査定の低さにあります。

基本的に下取りは販売を前提にしています。

下取り価格は現金でお支払されるのではなく、新しい車の価格から値引きされる形となります。

違うメーカーの車でも下取りは可能ですが、同じメーカーの車と比べると下取り価格は下がりやすいです。

下取りに力を入れておらず、他の業者との競争も熱心ではありません。中古車市場に詳しくない為、正当な査定を行って貰うことはできません。

下取り価格を車の値引き額ででごまかされることも多々あります。

値引き額を高くすることで下取り額を減らす、といった手法も良くとられています。

他の業者で購入した車の下取りは、同じメーカー常よりも低く見積もられることがあります。

値引き交渉も困難ですし、買取より高値が付くケースは非常に稀で、損してしまうことも多いです。

下取りなので他の業者で購入することが不可能です。

他の下取りと比べようにも、欲しい車との兼ね合いもあるので、非常に難しいです。

また、下取りの場合は、純正品以外のパーツを評価してもらえません。高値で購入したものでもプラス評価にはつながりませんし、逆に下がってしまいます。

改造やパーツした車は、下取りには向きません。

高価なパーツを搭載していたとしても、まったく意味をなさないので、パーツも評価してもらいたいのであれば、下取りは避けたほうがよいでしょう。

下取りと買取どっちが高く売れる?

基本的に、「買取」のほうが「下取り」も高値で売れます。

業者を比較できますし、中古車買取に対するノウハウもしっかりしています。

車を高く売りたいのであれば、買取がお勧めです。

手間を惜しまないのであれば、買取で車を高く売りましょう。

ただし、車の人気や年式によっては、下取りのほうが高く売れることもありますので、そういった車の場合は、下取りと買取、両方で査定して貰うのがお勧めです。

私の体験談

車の買い替えを検討されている方にとって悩みは、今乗っている車はディーラーの下取りと車買取査定に出すこと、果たしてどちらがお得か?ということです。

ここでは私が実際に車を買い替える際、ディーラーの下取りと車買取査定の両方を比較してみた経験をお話し致します。

私はホンダのインサイトに5年ほど乗っていました。

最近では燃費がかなり良いハイブリッド車も発売されているのでそろそろ買い替え時かなと思い、今度は同じくホンダのフィットハイブリッドを買うことにしたのです。

やはりそこで問題になるのがインサイトをどうするかということでした。

一般的には新しい車を買うディーラーに下取りで引き取ってもらうことが多いですね。私もフィットハイブリッドの見積もりをしてもらった際、インサイトの下取り査定をしてもらいました。

金額は40万円とのこと。かなり厳しい金額です。

私のインサイトは5年ほど乗っていますが、走行距離は3万キロ未満ですし、ボディにキズはほとんどありません。

なんとか下取り価格をもう少し頑張って上げて下さいとお願いをしましたが、ディーラーの営業担当者からは良い回答がありません。

そこで私はオンラインの車買取査定のサイトで査定し、そこで一番高く評価しているサイトに出張査定してもらったのです。

車を持ち込む前には少しでもインサイトを良く見せようと洗車を施します。

車をお店に持ち込み、担当の方にインサイトを見てもらいました。

査定の方はつぶさに車を見てボディにへこみはないかなどチェックをしているようです。また、これまでの故障などのトラブルや不具合についても聞かれました。

ディーラーで受けた査定は本当に簡単に終わりましたが、車買取査定ではしっかりと細かい所までチェックをされるので正当な金額が提示される期待感を持つことが出来ました。

そしてこの査定で示された金額はなんと59万円です。

正直、この金額に私は驚きました。ディーラーとは約20万円も開きがあります。

私は詳しい話を担当の方に聞きました。

担当者の方曰く、私のインサイトはボディにキズがなく走行距離も少な目であること、またタイミングベルトなど消耗部品がこまめに交換されていたことなどがプラス査定に繋がったようです。

私はとても満足の行く金額でしたので、即日車買取査定の業者と契約をすることにしました。

後日、インサイトの引き取りのために車買取査定の担当者が自宅まで出張してきてくれました。

そこで担当の方とお話しをしていました所、こんな裏事情を聞くことが出来ました。

ディーラーは車を売る事が本業です。

中古車を買い取り売ることで利益を上げている訳ではないのです。だから下取りの際には日々変動する車の相場を追う事がなく通り一遍の下取り価格しか提示をしないという話でした。

かなり納得のいく話ですね。

私は自分が実際にインサイトを手放す際、下取りと車買取査定による査定の違いを体験しました。

この体験から言えるのは明らかに下取りよりも車買取査定の方がお得だということです。

車を手放す際、比較をしないでディーラーに下取りに出してしまうのはもったいないことです。

自動車の「下取り」と「買取」のまとめ

「買取」と「下取り」、それぞれメリットとデメリットについて解説しましたが、いかがでしたか?

両方を比べた上で、自分に合った方法で車を売ることが重要です。

時には両方の見積もりもとりつつ、どちらにするか選んでください。

-車を高く売る方法

Copyright© 中古車を高く売る買取査定.com , 2019 All Rights Reserved.