愛車、中古車を高く売りたい方におすすめの車買取査定サービスを紹介!オークション以外で車を高く売る方法やコツ、高く売れる時期や交渉術など車買取の情報が満載!

一括査定 トラブル

自動車一括査定サイトに登録したら営業の電話がしつこい?防ぐ方法とキャンセル依頼

更新日:

車を売るときに、少しでも高く売りたいという方が利用するのが車の一括査定サイト

一括査定のメリットは、自分が売りたい車の情報を入力するだけで同時に複数社に査定依頼できること。

買取対象エリアが全国のサイトなら、買取り希望業者が競合し合うため、見積もり価格も高くなることもあるそうです。

見積もりも無料でできますし、時間もかかりません。もちろんスマートフォンからでもできるので本当に簡単にいくらで売れるのか相場を知ることができます。

しかし注意しなければいけない点があります。

2chや知恵袋などにもたくさん書き込まれていますが、ネット一括査定を申し込む、その後しつこく営業の電話がかかってきたり、多数のメールが届いたりします。

査定業者にキャンセルを伝えると電話はかかってこなくなりますが
同時に数社に見積もりをしているので、数社文対応しなくてはいけません。

車の査定サイトに登録すると営業の電話がしつこいのは本当か?

しつこいというのは、人によって感じ方が様々ですので判断に困りますが、買取担当の営業マンは"一生懸命"なので、是非とも査定させてほしいとアピールしてきます。

一括査定のサイトは大抵、数十社以上の中古車買取業者と提携していて、その中から買取業者の得意ジャンル、地域などから10社程度に絞って一括査定サイトに登録したあなた宛に連絡できるように個人情報を送ります。

地域や車種にもよりますが、4~10社からの電話は必ず掛かってくると思って下さい。

査定依頼のボタンを押してから1分以内には1~2社の電話があり、きっと驚くはずです。

相手はあなたの状況など知るはずもありませんから、仕事中でも、デート中でも、トイレ中でもお構いなしに、5分置きに掛かってきます。

電話に出るまで"一生懸命"な彼らはあきらめませんので、時間を見つけてさっさと用件を聞いてあげた方が余計なストレスもかからず、賢い選択です。

21:00を過ぎるとピタリと着信は止みますが、翌日の8:00以降からまた、電話攻勢が始まります。

電話に出なければ、出ないほどしつこいといえます。

どうして営業電話が多いのか?理由とは

中古車買取業者の営業マンはとにかく一番最初に電話をとってもらいたい一心で"一生懸命"なのです。

電話に出ると、軽い挨拶から車種、年式、走行距離と会話の中で質問があって、それから「うちは何番目ですか?」と聞いてきます。

1番目と答えると「本来は現車を見て査定するけど、"今"決めてもらえるなら○○万円で買取しますよ」と少し高めの査定額で具体的な金額を提示してきます。

そう、営業マンの内々のセオリーで一番を取れば2番目以降の他社を一気に蹴落とすチャンスがあるため、一括査定の依頼ボタンを押した直後に素早いレスポンスで電話がかかってきて、出るまでしつこく着信が繰り返されるのです。

そして、この一発目のやや高い査定額で本当に決めてしまう人が多いのも事実です。

理由は様々ですが、自動車の一括査定をしようと決めた人なら、電話がたくさん掛かってくるのは少しくらい耳にしているはずです。

それが面倒なので、一番最初の中古車買取業者が相場よりも少し高めの金額を提示したなら、「まあ、いいっか」となるのは人の心理なのでしょう。

自動車一括買取査定サイトの「手間」と「時間」を最小限に高く売るには

上記のように一発目でおよそ満足のいく金額が提示された場合、本人がそれで満足していればそれでいいのですが、何のために一括査定をしたのかという疑問が残ります。

是非、この一社目を含めて2~4社に絞って現車の買取査定依頼をしましょう。

しかし、中古車買取業者と一社毎にスケジュール調整していては自分の時間が浪費されてしまいます。

そこで、現車の査定日時をこちらで決めてしまい、その日時に合わせられる業者のみに参加してもらうのです。

これだけで、スケジュールが合わせられない業者は篩いにかけられます。

ただし、一番最初に"そこそこいい金額"を出した業者には必ず参加してもらいたいため、この業者とあなたのスケジュールに他社を合わせさせましょう。

そして最も重要なのは終わる時間をキッチリ決めておくことです。

ガリバーなどは非常にねちっこい査定で有名で、営業マンにもよりますが、買取を決めるまで帰らないという都市伝説もあるくらいです。

車で出かける前の2時間などが最適だと思います。

現車を見て1時間~1時間半が経ったら見積もり金額を名刺の裏に書いて提出してもらいしょう。

そこで一番高い所に決めて、残りの30分で契約書を書いてしまえば、2時間程度の労力で10万円以上、買取額が上がったという事例も多数あります。

一括査定サイトの営業電話を防ぐ方法

普通の中古車買取一括査定でよく言われるのが、「中古車買取業者から一斉に営業電話が掛かってくる」です。

しかも、電話を取らなければ、しつこいほど何度も電話が掛かってきます。

「インターネットで申し込んでいるし、電話番号以外にもメールアドレスも記載しているので、メール対応で出来ないのだろうか」と思う方も多いのではないでしょうか?

中古車は、世界中にその現車一台しかありませんので、プロの目でしっかりと現車を確認して査定するという建前上、一括査定をメールのみで行うことは原則出来ません。

カーセンサーの一括査定は「メールのみ」可能

車買取・車査定の専門「カーセンサー」なら、電話の数を減らして、その分メール連絡にすることが可能です。

ただし、"カーセンサーのサイトにアクセスして申し込む"それだけでは営業電話を減らすことは出来ません。

①カーセンサー.netにアクセスします。

http://kaitori.carsensor.net

②メーカー、車種、車のタイプ、事故歴、郵便番号を入力します。

③左側に必要な情報を入力します。

④右側に電話が掛かってくる買取業者が出てきますので、査定依頼したくない業者はチェックを外します。

⑤左側の下に"任意項目:売却希望時期など、ご希望がある場合は、こちらをクリック"をクリックします。

⑥連絡希望時間帯に、"メールのみの連絡希望"と入力します。

ただし、上記のように記載すれば、営業電話の数は減らせますが0になるわけではありません。

どうして0にならないのか調べたところ、ガリバーとビッグモーターは、どうやら車一括査定の申し込みと同時に、自動的に電話をコールするシステムを持っているそうです。

コールシステム完備しているガリバーやビッグモーターなどの大手は、記載内容を見ずに電話が掛かってくる可能性があるのです。

カーセンサーの場合、メールのみを指定できる分、営業電話がかなり少なくなりますので、その点は大きなメリットです。

0にはならないとしても、他の中古車一括査定サイトに比べると大きなメリットであることは確かです。

また、本来の使い方である営業電話が掛かってくる日時の指定ができますので、それだけでも十分メリットがあります。

営業電話の時間を指定しないと平日の忙しい時でも、朝でも仕事中でも、トイレ中でも、お構いなしの5分置きに電話が掛かってきます。

カーセンサーは、車一括査定で唯一営業電話の時間帯が指定できるサイトです。

メールのみ査定にもデメリットはある

メールのみの査定にした場合は、あくまで過去の実績等を加味した上で算出したシミュレーション価格です。

すなわち、簡易的な概算価格なのです。

中古車は状態が1台毎に違うため、固体毎の価格差、また、車の需要が日々変化するために相場も日々変動しています。

いわゆる株価みたいなものです。

それを踏まえて、本気で売ろうと考えていて、しっかりとした買取額を出してもらった方がいいという方は、実際に現車を査定してもらいましょう。

電話を掛からなくする キャンセル依頼の方法

中古車買取業者から電話を掛からなくする方法としては、申し込みをした中古車一括査定サイトの問い合わせ窓口よりキャンセルの連絡することです。

申し込みをしたメールアドレスに、車一括査定サイトからメールが届ていると思いますので、そこで確認してください。

また、中古車一括査定サイトによっては、キャンセル依頼ができないところがありますが、そのような場合は電話を取ってしまって、上手に断ることです。

中古車買取業者からの電話をずっと取らずに放置すると3~4日ぐらいは電話が鳴り続きます。

その後もペースは落ちますが、2週間くらいは電話が掛かってきます。

その状況が我慢できるのであればいいのですが、私用の大事な電話を取り逃す可能性も出てきますので、やはり買取業者からの電話は掛かってこないようにしたいものです。

上手に断る」すなわち中古車買取業者が納得する理由を伝えることです。

新車購入を止めて今の車を乗り続けると伝える

新車を購入しようと思っていたが、やっぱり購入を止めて今の車を乗り続けることになったという。

ポイントは"新車の購入"です。

もし、"中古車"の購入と話してしまうと、いろいろ聞かれて、中古車販売の営業が始まってしまいます。

・親戚や家族にあげることにしたと伝える

親戚や家族に無料であげることにしたという。

売ることにすると、「売る前に弊社で査定させてもらって、適正価格を調べますよ」などと、結果的に営業が始まります。

必ず、"無料"で手放す旨を伝えるようにしましょう。

・もう既に売却したと伝える

他の買取業者やディーラーに売却してしまったという。

この場合はしつこい営業担当だと「売買契約は破棄できる」とか、「弊社だともっと高く買い取れる」など、さらに営業をしてくる場合もあります。

また、「査定額がいくらだったか」、「どこと売却契約を締結したのか」など聞かれるので、答えないようにしましょう。

・着信拒否にする

中古車買取業者と営業担当者の携帯電話など複数の電話番号を持っていることがあるため、あまり解決策にはなっていませんが、数回、着信拒否する覚悟で対策とします。

一括査定サイトからのしつこいメール対策は

車の無料査定では、電話番号またはメールアドレスの入力が必須になっています。

メールで連絡してくる業者の場合、一日に何通もの営業メールが届きます。
この営業メールがしつこいなって思った方もたくさんいますが。

メールアドレス登録必須のサイトで、営業メールが届くのはイヤだという場合には、
いつも使っているメールアドレスとは別のフリーメール(捨てアド)を使うことをおすすめします。

私がいつも使っているサービスはこちら

簡単!無料!使い捨てメールアドレスのsute.jp
http://sute.jp/

ワンクリックでアドレス発行!「ワンタイムメール」
http://www.onetime-mail.com/

このような、「捨てアド」を使うことでしつこい営業メール対策にもなります。

結局、どこの車一括査定サイトがおすすめ?

大手の買取査定サイトであってwebフォームから申し込めば営業の電話がなります。

面倒なことは省いて、使い安い一括査定最サイトはないのか?

しつこい電話がかかってこない、同時に複数の買取業者の見積が分かる、

そんな気軽に利用できる一括査定サイトが「カーセンサー.net簡単ネット査定」です。

あなたの売りたい車の情報を入力するだけで、カーセンサー.netがすぐに複数の車買取業者へ見積もりをとってくれて、その中でもっとも高い業者と見積もり金額を紹介してくれます。

だから、どこよりも高く売りたいといった場合に一番使えるサイトと口コミでも評判です。

情報を入力し、査定結果が出るのを待つだけという使い方も簡単!

カーセンサー.netに登録している業者も専門店や大手買取業者なので、他の買取業者よりも10万、20万と高い見積もりが期待できるでしょう。

電話を対応してくれるオペレーターの方も、買取専門の査定士が相手なので、車を売るときに聞きたいことはなんでも質問するこができます。

すべて無料で使えるので気軽に試してみてはいかがでしょうか。

いかがでしたでしょうか?

しつこい着信は迷惑だし、電話に出て断ろうにも切り返しトークや質問攻めで貴重な時間を無くして、ストレスになるのも嫌だし。

そういう方にこの記事を読んで頂いて、最小限の時間と労力で一円でも高く愛車を売ることができて、満足していただければ幸いです。

-一括査定 トラブル

Copyright© 中古車を高く売る買取査定.com , 2019 All Rights Reserved.